知っている、とわかる、は違う

一杯のお茶の、

色を目で楽しみ、

香りを深く吸いこみ、

苦味、酸味、香ばしさ、を口の中でゆっくり確かめる。

ほんの数十秒だけれど、その数十秒はわたしと目の前のお茶だけが世界。

目の前の人が丹念に準備してくれた茶器やお菓子は、すべてが愛由来。

愛由来とは、愛に由来する言動のほかに、

意識が今にあること、も意味します。

絶え間なく今にあり続ける、のは難しいけれど

「今にある」瞬間をたくさん積み重ねていけばいい。

目の前の一杯のお茶と、じぶんの状態。

エネルギー哲学®︎入門講座では、

「私たちの言動の全ては愛由来と不安由来に分けることができる」

とお伝えしています。

その例え話に「目の前の一杯のお茶」が

よくでてきます。

まずは、その知識を「知る」こと。

そして、実際の行動で「わかる」を体験すること。

知っている、と、わかる、は全くちがうもの。

知っている、は頭の中にインプットされた知識。

わかる、はその知識がじぶんの「体感」を伴ってじぶんの一部となること。

わかろうとしなくても、

「わかる」瞬間は日常の中に突然訪れる。

昨日のお茶会では、「わかる」をまたひとつ体験させてもらったのでした。

関連記事

  1. 「美しさ」は行動の基準にも

  2. あなたが毎日してること

  3. 雨が石を穿つなら

  4. ハンドルを、その手に取り戻そう。

  5. わたしの辞書からなくした言葉

  6. 誰もあなたのものを奪わない

  7. 見上げてごらん

  8. こころ奪われる瞬間