優しい振動

その人の表情が見えているわけでもないし

声色がするわけでもない。

ただ、

その人がパソコンやスマートフォンに

入力した文字が並ぶだけなのに

不思議とそこから

温かさが伝わってくる。

「善いもの」が感じられる。

優しい振動が伝わってくる。

ピンク色の綿菓子をまとっているような。

文字にも、そんなちからがありますよね。

文字は、ひとを如実にあらわしますね。

今日はそんなふうに、

画面の中の「文字」が発するものに

助けられた1日でした。

そして、

願わくば、

わたしの文字も、

読んだひとの心を

ゆっくりと滴り落ちる

黄金色の蜜のようでありますように。

関連記事

  1. 精査のじかん

  2. 目にするもの、は見たいもの。

  3. 九星気学

  4. なにを信じているか

  5. 「わたしの欠片」をひろうとき

  6. 名は体をあらわす

  7. サロン「モンパルナス」

  8. せつない気持ちを連れていく