九星気学

九星気学とは、

生年月日をもとにした統計学です。

その人の気質などもわかりますが、

最大の特徴は

「移動先の土地のエネルギーと

じぶんのエネルギーの相性」

を鑑定できることで、具体的には

「引越し先の方角の吉凶」

「時期の吉凶」

を鑑定します。

よく、

「それを気にした方がいいですか?」

「どんな効果がありますか?」

と質問されます。

スーパーで食品を選ぶとき、

裏面の成分表示を見るのが習慣の人と

そうではない人がいますよね。

成分表示を見るのが正しい、

見ないのが間違い、

という訳ではなく、

「何を、どこまで気にするか」

の違いなだけです。

成分表示を見ていれば健康、という 

わけでもなく、

見ないと病気になる、でもありません。

気学もそれと同じで、

吉方位に引っ越せば幸せになれる、

凶方位に引っ越せば不幸になる、

と100%決まっているわけではありません。

わたしは「方位の吉凶」という概念に

小さな頃から馴染みがあり、

それを活用するのが当たり前の

環境に育ったので、

リスクを最小にするツールとして使います。

気にしないなら、気にならないなら、

それでいいのです。

また、ちょっとした旅行の際も

方位を気にする人もいますが、

わたしはそのあたりは全く気にしません。

「生活の場が変わる」という 

大きな変化の際にのみ、気にしています。

ただ、九星気学という「見えない世界」に

祖母、父、が鑑定家として深く関わってきた、

その不思議を感じています。

関連記事

  1. 時に不安にからめとられても

  2. あなたの目的地

  3. キャンバスに向き合うのが人生

  4. 名は体をあらわす

  5. LOVE YOUR BODY

  6. 誰かの幸せを考えるとき

  7. ワンネス

  8. 見えないものを「視て」いる