圧倒されたい。

例えば、映画館で観る映画なら、

穏やかな日常を描いたもの、ではなく

ド派手なアクション、

奇想天外なストーリー、

これでもか、というくらいゴージャスな衣装やセット。

大好きなプロレスも何でも良いわけではなく、

スピード感を感じられる試合や

空中技で人間離れした身体能力が堪能できるルチャ・リブレ。

昨日初めて訪れた「なんばグランド花月」での、

芸人さんの生の舞台。

言葉を失うくらい美しかったヴェネチア。

あげたらキリがないけれど、

わたしは、「圧倒される」体験がしたいんだ、

と気づきました。

圧倒的に美しいもの、

「凄い」という他に言葉が出なくなるもの、

それらに心を奪われることの快感。

でね、心を奪われる瞬間は、

意識が今にある。

過去にも未来にも行っていない。

目の前のもの以外のことは考えられない。

紛れもなく愛由来の瞬間。

まだまだ、この目で見たいものはたくさんある(^^)

関連記事

  1. 目の前の扉

  2. 期待と信頼

  3. 一足飛びにはいかないけれど

  4. 衝動にかられてみる

  5. 誰もあなたのものを奪わない

  6. キャンバスに向き合うのが人生

  7. 現実が動くとき

  8. わかりあえない