厳しさと愛情

相手にとって耳が痛いであろうことを

伝えるとき、

そこに「愛情」があれば、

それは「厳しさ」。

愛情がないと、

単に「怒りをぶつけている」か、

「自分の溜飲を下げ」ているだけ、

になってしまう。

そうすると、言われた相手は

責められたと感じて、

心を閉ざしてしまう。

【あのとき、厳しいことを言ってくれてありがとう】

後々、そう感謝されるのが

本当の厳しさ、

ということをある人から教わりました。

じぶんが相手に物申したいとき、

そこに愛情があるのか?

という視点は大切ですね。

育った環境も価値観も違う相手に

歩みよりたいときなら、なおさら。

関連記事

  1. 能動的に待つ、ということ

  2. 衝動にかられてみる

  3. 名は体をあらわす

  4. 誰もあなたのものを奪わない

  5. あなたが毎日してること

  6. 優しさが循環する

  7. あなたの目的地

  8. せつない気持ちを連れていく