被害者にも加害者にもならない

タイトルは、人間関係においてのこと。

「あの人が悪い。わたしは被害者。」

相手を悪者にするのは簡単だけれど、

被害者と加害者、という関係を作って

しまうと、相手も

「あの人が悪い。わたしは被害者。」

と主張するでしょう。

ということは、

自分は被害者だ、と思った時点で

被害者であり加害者でもある。

もし、相手とわかり合いたかったら、

被害者、加害者、という

概念をその関係に持ち込まないこと。

事実と感情は別ですね。

今日は仕事の一環で

コンサルティングを受けたのですが、

その時に得た学びでした。

関連記事

  1. こころ奪われる瞬間

  2. 幸せな記憶

  3. 優しい振動

  4. サロン「モンパルナス」

  5. 「せい」にしない姿勢

  6. 現実が動くとき

  7. 見えないものを「視て」いる

  8. 「わたしの欠片」をひろうとき