似合う服、と「エネルギー哲学®︎」

似合う服を提案する「アンタイトル・クローゼット」を受けてくださった方々から、
立て続けに

「似合う服がなんでわかるの?」
「視えてますよね?」

と言われました。

じつは、
わたしが提案するパターンは
2とおり。

・本人が気づいていないその人らしさを
表現している服を、
目の前にポンと出してみせること。

・わたしなんて、、、
という気持ちの強い方に、
あなたにはこんなに可能性があるよ。
と、服でその方の「枠」を少し広げて見せること。

自分のことって、案外じぶんが1番わかってないもの。

なので、そのかたの「本質」を
服という方法で見せて、気づいてもらう。
その素晴らしさに、
その可能性に。

目に見えないものを、
見える姿形へと変換させる。

目に見えない、本人が自覚していない
本質や可能性を、

目に見える「服」や「小物」で
表現する。

目に見えない側と目に見える側は、
常に連動しているから、
そのふたつがズレていると、
わたしが違和感を感じるのです。

あ、これエネルギー哲学®︎です(^^)

ほんと、エネルギー哲学®︎は
例外がないのです。

今朝は、ふとそんなことを思いついたので
書いてみました(^^)

関連記事

  1. 衝動にかられてみる

  2. 目の前の扉

  3. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑪

  4. 厳しさと愛情

  5. わかりあえない

  6. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑫

  7. わたし達は、もっと美しくなれるし、富めるし、優しくなれる。

  8. 今までの人生を肯定する