停滞しているように感じるときも

なにもかも上手くいっていない、

と感じるときも

すべてが止まっているように

見えるときも

思い出してみて、

流れる川のように、

つねに動き続けているものを。

例外なく、

欠けや痛みを埋め続けているものを。

その変化に気づけないだけだということを。

焦りや恐れや不安を否定するのではなく、

どうにかしようとするのではなく、

それをただ見つめるだけ。

飽きるまで。

関連記事

  1. 雨が石を穿つなら

  2. わたしのこだわり

  3. 時に不安にからめとられても

  4. あなたの目的地

  5. せつない気持ちを連れていく

  6. 人生のスープ

  7. なにを信じているか

  8. 厳しさと愛情