目の前の扉

目の前の扉を開け続けること。

ひとつ開けたら、また目の前に次のとびら。

それを開けたら、また次のとびら。

いっぺんに2枚や3枚のとびらを

開けることはできないけれど、

1枚1枚のとびらは、着実に開けることができる。

重いとびらもあるかもしれない、

重そうに見えても

押してみたらすんなり開くとびらも

あるかもしれない。  

いま開けたとびらの外に広がる世界を、

そのつど楽しもう。

開けるタイミングが変われば、

目の前の光景も変わるだろう。

なにせ、すべては絶え間なく変化し続けているのだから。

そして、

2枚先のとびらの色はわからないし、

ましてやその先に広がる世界がどうなっているかなんて、

誰にも想像がつかない。

目の前のとびらをあけることに集中しよう。

そこに広がる光景をじゅうぶん楽しもう。

私たちにできるのは、

たぶんそれだけなのだ。

関連記事

  1. 「わたしの欠片」をひろうとき

  2. 今までの人生を肯定する

  3. 結果を想定しないこと

  4. 衝動にかられてみる

  5. 安心して、不安になろう。

  6. 漕ぎ出す

  7. 能動的に待つ、ということ

  8. キャンバスに向き合うのが人生