「人生は両親からの贈り物。」

タイトルは、

リュック・ベッソン作品の映画「アナ」

の登場人物が主人公に投げかけたセリフです。

不運に流され、

人生を半ば諦め腐っていたヒロインが、

自由を求める、と決意するきっかけに

なる言葉。

文句を垂れ流しながら嫌々それを送るのか。

向かい合って、能動的に過ごすのか。

いつでも、

「幸せになる選択肢」はある。

観終わったあと、アグレッシブな感情に

火をつけてくれる映画でした!

関連記事

  1. 結果を想定しないこと

  2. 一歩ずつしか進めない。

  3. 知っている、とわかる、は違う

  4. 今までの人生を肯定する

  5. 「わたしの欠片」をひろうとき

  6. 誰もあなたのものを奪わない

  7. わたしに種を蒔く。

  8. 言葉のエネルギー