もしも辿り着く場所が決まっているなら

もしも、辿り着く場所がすでに決まっているなら。

あらかじめ、決められたように

流されているとしたら。

もっと、波に身を委ねてみてもいい。

目の前の不規則に見える波は、

実は大きな調和の一部であり

ゆったりと大きなうねりの中にある。

沈みそうになるのは、

波に抵抗しているから。

溺れそうになるのは、

不安と恐怖でもがくから。

抵抗するのは、

不安なのは、

「どこに辿り着くかわからない」

「自力でなんとか辿り着かなければ」

と頑なに思っているから。

でもほんとうは、

辿り着く先は決まっている。

この波に、

安心してからだを預けて大丈夫なのだ。

関連記事

  1. 精査のじかん

  2. わかりあえない

  3. 一足飛びにはいかないけれど

  4. ハンドルを、その手に取り戻そう。

  5. 「問題」上等。

  6. しなやかに生きる、とは

  7. 100で生きる、とは

  8. 「何か」からのメッセージに興味がなくなったはなし