せつない気持ちを連れていく

じぶんの中に湧きあがった

せつない気持ちに、どうしていいか

わからない時もあっていい。

感情に翻弄されそうなときは、

それをどうにかしようとせず、

その気持ちを「連れて行く」。

10年ほど前に神戸で参加したワークショップで

想像の中で海岸へ歩いていく、という

イメージワークをしました。

目を閉じて集中しようとするのですが、

どうしても全く関係ないことが頭に浮かんでしまう。

先生はそれを見越したように、

「全然別なことが頭に浮かんだりしますよね?

それでいいんです。

例えば、ラーメン食べたいなぁって思ったら、

ラーメンを持ったまま海岸を歩く自分をイメージしてみて」

無くそう、手放そう、と

思えば思うほどそれが頭に

こびりついて、より大きな存在になってしまうもの。

じふんの心にうまれた気持ちは

なかったことにしないで、

一緒に連れていこう。

頭に浮かんだことを、

ふりはらおうとせずに

浮かべたまま淡々と歩いていこう。

それでも、ちゃんと目的地に

到達できるから大丈夫。

関連記事

  1. こころ奪われる瞬間

  2. 誰かに憧れる気持ち

  3. 「美しさ」は行動の基準にも

  4. 能動的に待つ、ということ

  5. もう、足さなくていい

  6. 九星気学

  7. 聖なる夜に

  8. 「縁」をつなぐもの