見上げてごらん

東京の空、飛行機を間近に

見ることが多いですよね。

轟音にハッと顔を上げると、

機体のロゴが読めるくらいの距離に、

飛行機の白い胴体。

飛行機を見るのが好きなので

つい見えなくなるまで目で追ってしまいます。

夏の旅先はどこにしようかな?

次の連休は、何をしようかな?

と考えるとき、自然と目線が

斜め上に向いていませんか?

逆に、

何かを反省するとき、

悲しい気持ちのとき、

顔は俯いていませんか?

眼球の動きと脳の働きには

密接な関係があります。

俯いていると、ネガティブな感情が

活発になっていまう。

歩道に広告を掲載する、というアイデアが

以前あったそうなのですが、

目線が下がることにより

広告のイメージとネガティブな

感情が結びつきやすくなることから、

お蔵入りになったという話を聞いたことがあります。

パソコン画面を見下ろし、

料理をする手元を注視し、

息抜きのスマホも俯きかげん、、、

私たち、日常で

「見上げる」動作って意外と

してないんですよね。

生活の中で、

「空を見上げる」

ことを意識してみませんか?

見たこともないような

空の色が、そこにはあるかも。

関連記事

  1. 一歩ずつしか進めない。

  2. 学びの快感

  3. 纏う空気を感じる

  4. 「使命」はたくさんある

  5. からだに聞いてみる

  6. 結果を想定しないこと

  7. わかりあえない

  8. 霊能者と過ごす時間がふえると