しなやかに生きる、とは

わたしが考える

「しなやかに生きる」とは、

じぶんの内側から湧き上がるものに

従うこと、

そして外側からの「圧」には

うまく身をかわして

やり過ごすこと。

気にもとめないこと。

そのままの自分でいい、とは

何もしなくていい、と

いうことではなく、

じぶんの内側に灯った火種を、

こころのうねりを、

そのままにしないこと。

無かったことに、しないこと。

あなたの心にある小さな火種を

消してしまうのも、

少しずつ大きな炎にしていくのも、

あなた次第です。

関連記事

  1. 雨が石を穿つなら

  2. 期待と信頼

  3. 知っている、とわかる、は違う

  4. こころ奪われる瞬間

  5. 纏う空気を感じる

  6. じぶんを信じる、とは

  7. 「縁」をつなぐもの

  8. 核にあるもの