期待と信頼

誰かの「期待」にこたえようとすると苦しい。

誰かの期待、はじぶんの外側にあるから。

じぶんの外側にあるものは、

コントロールができない。 

コントロールができないものに左右されるのは、

辛いし不安だ。

いつまでたっても、「安心」とはほど遠い。

誰かの期待、につい目を向けそうになってしまったら

その視線をじぶんの内側に戻そう。

じぶんは、じぶんの信頼にこたえているだろうか?

と。

じぶんの信頼に足るじぶんでありたい。

じぶんを信頼していることが、

外側からみると「自信」に見えるのだろう。

いつだって、じぶんがじぶんを見つめる目がすべて。

関連記事

  1. 衝動にかられてみる

  2. 「美しさ」は行動の基準にも

  3. 名は体をあらわす

  4. 被害者にも加害者にもならない

  5. こころ奪われる瞬間

  6. 「問題」上等。

  7. 人生のスープ

  8. 似合う服、と「エネルギー哲学®︎」