ワンネス

自粛期間中に観葉植物を2鉢買い増しました。

「なにかを育てる」なんて

じぶんにはとても無理、

動物なんてもってのほか、

植物も枯らす方が多かったのですが

行動を制限される、という不自然な圧力に対して

心は「自然」を欲していたのかも。

植物って、健気ですね。

手をかけることといえば、

水やりとたまに窓際に移動させるくらい。

それでも、新芽が伸びて

日の当たるほうへと成長していく。

もの言わないけれど、

毎日観察していると植物達は

静かに喜んでいる・・・気がします。

とくに、風にそよいでいるとき。

大好きな漫画の1つ、

手塚治虫「火の鳥・鳳凰編」の中に

我王が朝日を見て「美しい・・」と

涙するシーンがあります。

須王フローラさんの「見えない世界を視る講座」で

「ワンネス」という言葉の意味が初めて腑に落ちたとき、

わたしはこのシーンを思い浮かべていました。

自然とじぶんが一体になったような感覚。

この感覚、植物を観察している時も感じます。

不思議な一体感を楽しむ、

植物との時間。

関連記事

  1. 誰もあなたのものを奪わない

  2. 安心して、不安になろう。

  3. カタをつける。

  4. 一歩ずつしか進めない。

  5. 幸せな記憶

  6. 衝動にかられてみる

  7. 現実が動くとき

  8. こころ奪われる瞬間