時に不安にからめとられても

ふだんテレビや新聞は目にしないのですが、

何となく世間の「不安」を感じ、

ここ2.3日それに同調気味になっていました。

不安を感じたとき、

それを力づくで否定しても

解消しないものだし、

押さえつければ押さえつけるほど

不安は沸いてしまうものなので

あえて「不安」に身を任せてみました。

そうすると、不安でいることに

「飽きる」んですね、、

不安に飽きたところで、

ふとじぶんの足元を見つめてみると

わたしの身の回りには 

いま、

「不安」の要素は全く無いことに気付きました。

少なくとも、

わたしの大切な人、身近な人は

「不安」な境遇にはいない。

むしろ、

みんな幸せに穏やかに過ごしている。

この感覚が感じられたら、

もう大丈夫。

いま、あなたの目の前にいるひとは、

幸せそうですか?

楽しそうですか?

それならば、

あなたの「不安」は

実体のない、幻のようなもの。

不安に目隠しされていた

目の前の幸せや、

目の前の喜びを、

あますことなく感じよう。

不安にからめとられて

見過ごしていた

美しさを、

一瞬一瞬、

味わおう。

関連記事

  1. 私たちは、もっと優しくていい。

  2. 能動的に待つ、ということ

  3. 九星気学

  4. 期待と信頼

  5. あなたのかわりに

  6. 優しい振動

  7. 人生のスープ

  8. じぶんを信じる、とは