誰もあなたのものを奪わない

なにかが、誰かが、永遠に

「あなたのもの」であり続けることはない。

いっときじぶんのてもとに

来たとしても、

それを手離すまい、

と必死にならなくていいのだ。

あなたの元にそれが来たように、

その時がきたら、それは去っていく。

寄せてはかえす波のように。

何かを失う、ことを

過度に恐れないでほしい。

「縁」も変化するのはこの世の仕組み。

誰かが奪ったんじゃない。

あなたは誰からも何も奪われない。

ただ、変化の流れの中にいるだけなのだ。

関連記事

  1. ハンドルを、その手に取り戻そう。

  2. なぜ、「大丈夫」なのかを知りたかった。

  3. 見えないものを「視て」いる

  4. 結果を想定しないこと

  5. カタをつける。

  6. 受け取ってもらえなくても

  7. 現実が動くとき

  8. もしも辿り着く場所が決まっているなら