目の前の扉

目の前の扉を開け続けること。

ひとつ開けたら、また目の前に次のとびら。
それを開けたら、また次のとびら。


いっぺんに2枚や3枚のとびらを開けることはできないけれど、


1枚1枚のとびらは着実に開けることができる。


重いとびらもあるかもしれない、

重そうに見えても押してみたらすんなり開くとびらもあるかもしれない。


いま開けたとびらの外に広がる世界を、そのつど楽しもう。
開けるタイミングが変われば、目の前の光景も変わるだろう。

なにせ、すべては絶え間なく変化し続けているのだから。
そして、2枚先のとびらの色はわからないし

ましてやその先に広がる世界がどうなっているかなんて、誰にも想像がつかない。


目の前のとびらをあけることに集中しよう。

そこに広がる光景をじゅうぶん楽しもう。
私たちにできるのは、たぶんそれだけなのだ。

関連記事

  1. Tomorrow is another day

  2. 結果を想定しないこと

  3. 被害者にも加害者にもならない

  4. 人生のスープ

  5. 雨が石を穿つなら

  6. じぶんを信じる、とは

  7. 目の前の扉

  8. 核にあるもの