精査のじかん

あと1週間たらずで、新しい年を迎えますね。

(2020年の12月に書いています。)

わたしは、

新年の抱負も語らず

過ぎる年の振り返りもせず、

じゃあ何をするか?といえば

「幸せの精査」。

何をして時間を過ごすのか、

誰と時間を過ごすのか、

どんな環境で過ごすのか、、、

なにを摂ったら幸せなのか、

なにを着たら幸せなのか、

なども。

去年とことし、

ことしと来年、

今日と明日の「幸せ」

が違ってもかまわない。

じぶんにとっての「幸せ」を

つぶさに観察して、

古くなった「幸せ」と

新しい「幸せ」を仕分けしてみる。

古くなった幸せをすぐに入れ替えられなくても

大丈夫。

じぶんが、その変化に気づいていれさえすれば、

いつか、自然なタイミングで

入れ替えの時期は訪れる。

関連記事

  1. なにを信じているか

  2. 見える世界に疲れたら、思い出してね。

  3. 幸せな記憶

  4. 言葉のエネルギー

  5. 誰かの幸せを考えるとき

  6. あなたが毎日してること。

  7. 「問題」上等。

  8. 誰もあなたのものを奪わない