キャンバスに向き合うのが人生

人生は一枚の絵だ。

生きている間は、ひとつのキャンバスを

ずっと使わなくてはいけないけれど、

使う色はいつでも変えられる。

これを描きたい!って

意図していた絵と

違うものになってしまっても、

それこそが素晴らしい1枚になる。

失敗した!と思った色使いが、

後から見てみると

良いアクセントになっていたり

こんな絵には価値がない、、

って思っていても、

周りの人はその絵に

とても感動していて、

それに対して逆に驚いてしまったり。

いま握っている絵具が

好きじゃない色だって気づいたら

他の絵具に変えていい。

泣きながら描いてもいいし、

一晩明けたら心新たに

キャンバスに向き合ってもいい。

今まで使ってきたあらゆる色、

荒々しい筆遣いも

こだわった細部も

ぜんぶ、

他の誰も真似できない宝物。

今日はどんな色をつかってみますか?

関連記事

  1. 期待と信頼

  2. 目にするもの、は見たいもの。

  3. 優しい想像力

  4. カタをつける。

  5. 纏う空気を感じる

  6. わたしのこだわり

  7. 優しさが循環する

  8. Tomorrow is another day