見える世界に疲れたら、思い出してね。

「この世を見える世界と見えない世界の両面から紐解く」

エネルギー哲学®︎を学ぶと、この文言に触れます。

見える世界、というのは、

その字のとおり、毎日の仕事、人間関係、

営んでいる社会生活、その中で感じること、思うこと。

で、ね、

エネルギー哲学®︎では、

「じぶんの目の前にあるものや事がら、起きること」

イコール今のじぶんの状態、

ということもお伝えしています。

そして、今、目の前にあるもの、こと、に

注力することが大切だということも。

でも、ふと、目の前のことに頑張ることに疲れたら、

わたし達はみんな繋がっている、

ということを思い出してね。

エネルギー哲学®︎入門講座を受講された方は、

あの「にょろにょろ」「突起」のイラストを思い浮かべてね。

わたし達は、足もとでみんな繋がっていましたよね。

だから、

競いあう必要もないし、

奪い合う必要もないし、

比較して落ち込む必要もない。

目の前のことを大切にして頑張りながら、

もう一方では

「わたし達」全体を俯瞰して捉えること。

もうすぐ3月、環境の変化が目まぐるしくなるかもしれないけれど、

見える世界のことに疲れたら、

見えない世界のことを思い出してみてください(^^)

関連記事

  1. わたしに種を蒔く。

  2. 目にするもの、は見たいもの。

  3. 愛由来の地平線

  4. 誰かに憧れる気持ち

  5. カタをつける。

  6. 「使命」はたくさんある

  7. その場を整える

  8. エネルギー哲学®︎、入門講座は本講座の何分の1の内容なのでしょうか?