わたしに種を蒔く。

先日、Flora Academy®︎認定講師仲間の

占星術師・弘美さんに個人鑑定をしてもらいました。

生年月日はもちろん、時間や場所まで正確に

提供して鑑定してもらう内容に、

ああ、だからそうだったのね・・と

首がもげるほど頷いていました。

納得の連続。

わたし、日常的に「占い」「鑑定」はしません。

どちらかというと、なにかの節目に、確認作業のために依頼することが多いかもしれません。

そして確認作業の一方で、楽しみにしていることもあります。

それは、

「想定外のキーワードをもらうこと」。

じぶんの思考の範囲外にあること、

無意識にそれは無い、と思っていること、

まさかじぶんには無関係だと思い込んでいること。

そんな「未来」をポンと目の前に差し出される。

すると、今はそんな未来が想像つかなくても、

その「種」はそっとわたしの中に根をおろす。

日々の生活の中でそれを忘れてしまっても、

時とともにそれ、は根を張り、

いつか芽吹くかもしれない。

そんな、可能性という名の種。

その種を、今回の鑑定でも受け取りました。

出会うひと、起きるできごと、

それらは偶然ではありません。

今はその意味がわからなくてもいい。

わかることだけを受け取って、

一歩一歩進んでいきましょうね(^ ^)

関連記事

  1. それは、頑張りすぎのサイン

  2. 雨が石を穿つなら

  3. わたしのこだわり

  4. 九星気学

  5. わたしの辞書からなくした言葉

  6. 違和感、ってあってあたりまえ。

  7. ハンドルを、その手に取り戻そう。

  8. 「美しさ」は行動の基準にも