私たちは、もっと優しくていい。

私たちは、もっと優しくていい。

だれに?

じぶんに。

たまに、愕然とする。

これまで、どれだけ

じぶんが傷ついてきたか。

その傷をなかったことにしていたか。

これくらいはしょうがないのよ、

と、傷を受け入れてきたことか。

そのうち、傷を傷とも

認識できなくなり、

痛みを痛みと感じなくなり、

幸せそうに生きる術を身につけた。

でも、服の下は傷だらけ。

無かったことにされた傷が、

今も血を噴いている。

傷が癒えていないことに

気がつけたら、

ほんとうは傷ついて

息も絶え絶えなじぶんを

見つけたら

もう大丈夫、と言ってあげよう。

見つけたから。

見つけてあげたから。 

わたしがそこに気づいたから。

優しくする、

とは

ただ見ること。

何も意図せずに見ること。

大丈夫だ、とわかりながら

見ること。

関連記事

  1. あなたの目的地

  2. カタをつける。

  3. 「せい」にしない姿勢

  4. 名は体をあらわす

  5. 九星気学

  6. しなやかに生きる、とは

  7. 知っている、とわかる、は違う

  8. 誰もあなたのものを奪わない