なぜ、「大丈夫」なのかを知りたかった。

30代なかばから心理学や様々な自己啓発を学ぶなか、

「大丈夫」

ということばをよく聞きました。目にした。耳にした。

何があっても大丈夫。

幸せにしかならない。

あなたは大丈夫。

自分を信じて。などなど。

わたしは、ずっとこれに懐疑的でした。

だって、なぜ「大丈夫」なのか、

だれもその理屈を

教えてくれはしなかったから。

なぜ、「ワンネス」なのか、

なぜ、「望めば手に入る」のか、

なぜ「ごきげん」でいることが大事なのか。

なぜ「一番最初にじぶんを大切にする」のか。

それを提唱しているひとは、

たまたまそうだったかもしれないけれど、

たまたまそれで上手くいったかもしれないけれど、

それはわたしにもあてはまるのですか?

と思ってました(笑)

その答えが、「エネルギー哲学®︎」にあった。

わたしの疑問が一気に氷解したのは、

エネルギー哲学®︎に出会ったからです。

仕事の悩みだけじゃない、

恋愛の悩みだけじゃない、

家族の悩みだけじゃない、

例外なくすべての悩みに応えることができることを知って、

なんて機能的な哲学なんだろう、と感動しました。

そして、機能的なものは、美しい。

美しいものを何より求めるわたしにとって、

美しいエネルギー哲学®︎にずっと関わっていけることは

心が震える喜びなのです。

関連記事

  1. 目の前の扉

  2. 安心して、不安になろう。

  3. 似合う服、と「エネルギー哲学®︎」

  4. しなやかに生きる、とは

  5. 停滞しているように感じるときも

  6. 「せい」にしない姿勢

  7. わたしがいちばん癒されている

  8. Tomorrow is another day