「派手」と「華やか」の違いって?

アンタイトル・クローゼットでお客様の服のお悩みを聞いているとよく出てくるテーマのひとつ、

「(じぶんが)派手になるのが(見えるのが)不安」。

「明るい色や柄ものは手を出せない」。

ふだん着慣れない色や柄だと、

これって本当にわたしに似合うのかしら・・・

って購入をためらいますよね。

アンタイトル・クローゼットではお客さまと一緒にショッピングをし、わたしが提案をする服を試着していただくのですが、

お勧めした服を見たお客様の第一声で多いのが

「これ、わたしには派手じゃないですかね・・?」

というもの。

でもね、派手、ではないんです。

実際、試着室でそれを身につけたお客さまはとても「華やか」。

では、「派手」と「華やか」は何が違うのでしょうか?

「派手」に見えるということは、その服があなたから「浮いている」ということ。

服だけが悪目立ちしていること。

あなたではなく服が主役になってしまっている状態のこと。

対して、

「華やか」はその服とあなたが「馴染んでいる」ということ。しっくりきている、ということ。

服だけが目立つ、のではなく、それを身につけたあなたが素敵に見える、ということ。

もちろん、ふだん手に取らない色や柄だと「目」が慣れていないので、試着する前だと尻込みしてしまうかもしれません。

でも、いったんそれを身につけると、

お客さま自身がはっきり感じるのです、

「わたし、素敵!」って。

わたしには〇〇は似合わない、

そんな思い込みが消えて

「新しいじぶん」に出会えるきっかけになればいいな、

そんな思いでわたしは「アンタイトル・クローゼットをしています。

関連記事

  1. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑩

  2. 「似合う」ピンク色

  3. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑪

  4. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑳

  5. 「アンタイトル・クローゼット」でしていること。

  6. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑯

  7. 現在のご予約可能日(アンタイトル・クローゼット)

  8. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット㉓