【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑦

ナツコさんが『これ着ていただきます』と、

揃えてくださる服。

好き!

と思うもの、

う、今まで避けてきた!

と思うもの、

え、こんな素敵な洋服を、私が着るの…?

と思うものもありました。

いざ、着てみたら。

好きなものはごく自然に。

畏れ多いと思った服は、とても着心地が良く、『その服をまとっている自分』を鏡で見た時に、『わ、素敵』と、思いました。

思っちゃいました(笑)

今まで避けてきた!洋服は、見慣れなくて恥ずかしかったですが、

『とっても似合ってます。』

と仰った、ナツコさんの言葉に嘘がないのも分かりました。

ご一緒させていただいた時間で感じたことは、

自分では、なかなか手が届かないと思っていたブランドの洋服が、

『私に似合うんだ』

という確信。

『私はこの素敵な洋服を着ていいんだ』

という自信。

そのふたつを見せていただいたなと、思います。

私が見ていなかった『私』を、洋服という形にして目の前にポンと出していただいた。

信頼するナツコさんのお見立てで、それを示していただいた。

これから何かを選ぶときの、私のあり方が変わったなと思います。

とっても楽しい時間でした!

ありがとうございました。

関連記事

  1. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑨

  2. 【アンタイトル・クローゼット】メニュー詳細

  3. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑥

  4. 【募集中】9月のアンタイトル・クローゼット

  5. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑫

  6. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット⑤

  7. 【ご感想】アンタイトル・クローゼット②

  8. 【満席になりました】10月のアンタイトル・クローゼット